月間PVが100超えたので色々話していく。

f:id:stayyou:20141129164507j:plain
こんにちは。


気がついたら、月間PV100超えてました。
やっとです。どれだけ時間かかってるのか(笑)


記念なのでPV100超えて感じたことや
良いこと悪いことをずらずらと書いていきます。

1.ブログを更新しない

f:id:stayyou:20141129164251j:plain
ブログ初めて66週間立ってました。

やっと100超えれたことを考えると、
ブログを更新しないことは明らかに悪いことです。
やはりブログの更新率は重要だと思います。


正直ブログで広告収入が入ることを願っていますが、


・ネタがない
・書くのが面倒くさい


という理由で記事を投稿できていないことが
PV増加に繋がっていないんだと思います。

2.自分が思わずぐぐりたくなる記事を書く

これは重要。


PV100の中に自分がアクセスした回数も含まれています。
過去に投稿した記事は「◯◯のやり方」といったような
メモ代わりの記事がいくつかあります。


仕事をしている中で、「あれのやり方どうだったっけ?」と
たまにしかやらないことは案外覚えていないものです。


結局思い出せずぐぐってみると過去に参照したサイトではなく、
自分のブログを参考にすることが多々あります。
(気がついたら自分のブログだったなんてことがあります。)


メモ程度で書いたため、内容が濃いわけではないですが、
要点がまとめられているため、分かりやすいのです。


検索で一番上に出てくるようなしっかりと書かれた記事は
SEO対策上も効果的なのかもしれませんが、
検索をかけるひとから見ると二、三番目に出てくる
簡素で分かりやすい記事のほうがアクセスを集めやすいのかもしれません。

3.タイトルや内容は大雑把なキーワードを入れる

アクセス数の多い記事を見てみると、


java.sql.SQLException: クローズされた接続です。」


といったエンジニアから見ると明らかに原因が
複数考えられる記事が上位に上がっています。


そのまま上司に聞くと「それだけじゃわかるわけ無いだろ!」
なんて怒られそうな内容ですね(笑)


しかし、すでにハマってしまった状態にあるひとを考えると、
詳細なキーワードで検索をできる状態ではないことが考えられます。


そうなると、プログラムの例外情報のような
知っているor見えるキーワードをそのまま検索する」と
いった行動が多くなるのかもしれません。


書き手にとっては原因となった詳細な情報を書くことに
目が行きがちですが、そこまで行き着いていない読み手にとっては
大雑把な現象や内容がしっかりと書かれていたほうが嬉しいと思われます。

4.モバイルで記事を確認する

f:id:stayyou:20141129164409j:plain
正直面倒くさいのであまり見ることがないため
説得力がありませんが、かなり重要なことだと思います。


今やパソコンユーザからのアクセスよりもスマホユーザからの
アクセスのほうが多くなっているのが、現状だと思います。


スマホユーザの増加率

スマートフォンからのネット利用者は直近1年間で1,100万人増加 ~ニールセン、2013年度(2013年4月~2014年3月)のネット利用動向を発表~ | ニュースリリース | ニールセン株式会社



そういった状況の中で「スマホから見やすいようにする」と
いうことは非常に重要な事です。


レスポンシブデザインでスマホに最適化されたサイトの効果

工務店のホームページ制作なら住宅業界専門のゴデスクリエイト



記事を書き終えた後にプレビュー機能で記事を見るだけでなく、
投稿後に実際にスマホで見ることで文章が変に
改行されているなど、見づらくなっていることに気づくはずです。


「モバイルファースト」という言葉があるくらいですから、
常にモバイルからの見え方を考えるようにしましょう。

5.文章だけでなく、図や絵を使う

このブログで図や絵を使っていることはないのですが、
やはりどんどん使っている方がいいと思います。

というのも、他のブログを見ていると読み終わった後の
理解度が全く違うからです。

プログラミングやネットワークなど、
直接目で確認できないことについて図や絵を使うことは
非常に効果的です。

実際図を書くことで、ブログでの説明も
やりやすくなっていることを考えると、
読み手だけでなく書き手にもメリットがあります。

コンテンツとしての長い目で見ると、
手間はかかってしまいますが需要はあると思います。

まとめ

そこそこ長くブログをやっていましたが、
記事数や記事の内容がまだまだ少ないと感じます。


「ブログで少しでも副収入がほしい(笑)」
と思っている割には、「ネタあったら記事を書く」という
意識が足りないのでしょう。
※技術力の向上を目的としているブログです(笑)


月間PV100という節目で今までの分析ができたところで、
これからどんどん書いていこうと思います。

最後に

本ブログを見てくれている方々、
本当に有難うございます。


今後とも宜しくお願い致します!

あなたはResultSetをmodelに入れていませんか?CachedRowSetという強い味方。

あなたはResultSetをmodelに入れていませんか?
実はCachedRowSetという強い味方がいるんです。


CachedRowSetって何?という方。
まずは下記のリファレンスを読みましょう。

http://docs.oracle.com/javase/7/docs/api/javax/sql/rowset/CachedRowSet.html

英語です。
読む気になりません。

こちらの記事のほうが良いでしょう。

オフラインのResultSetとしてCachedRowSetを使う方法
http://d.hatena.ne.jp/seraphy/20140202

つまりデータベースから取得したデータを
そのまま保持できるというわけです。
ものすごく便利ですよね?

ResultSetの結果をmodelに入れなおして、
その変数を使用するといった実装をする方が多いと思います。

しかし、CashedRowSetを使うことで下記のように
スマートにメモリに保持することができます。

   // CachedRowSetを作成
   RowSetFactory rowSetFactory = RowSetProvider.newFactory();
   CachedRowSet rowSet = rowSetFactory.createCachedRowSet();

   // データベースのクエリ結果のResultSetをCachedRowSetに設定する.
   try (Connection conn = ds.getConnection()) {
       try (PreparedStatement stm = conn.prepareStatement("select col1, col2, col3 from hogehoge");
            ResultSet rs = stm.executeQuery()) {
           rowSet.populate(rs);
       }
   }

「〜(全角チルダ)」という悪魔のお話

「〜」

よく打つことありますよね?

「全角チルダ」「から」「波線」「にょろにょろ」
なんていっぱい名前があると思います。

そんな文字を私は「悪魔」と読んでます。(嘘です)

Linux + JavaのWebアプリケーションで開発していたところ、
変換できずエラー発生!

UTF-8でもOSによって、
文字コードに違いがあるらしいです。

参考サイト
http://space.geocities.jp/nequomame/java/mojibake/mojibake_01.html

変換処理を参考に修正しました。
たかが一文字ですが、されど一文字です。

Linuxのtmpフォルダにファイルを置いた結果・・・

「あれ?ファイルがない!」

プログラムが動くために必要なファイルを置いていたが、
いつの間にか消えていた。

誰か消したのかと思ったが、お客さんに確認しても削除しないとのこと。

どうしてだろうと思い、調べたところ、以下の記事を発見。

/tmpと/var/tmpの仁義無き戦い
http://qiita.com/kuni-nakaji/items/f29be14be578b5a19d4b

今回は/tmpを使用していたが、
どうやら「再起動するとすべて中身が削除される」らしい。

まったく知らなかったorz

対策としては、単純にファイルの場所を変えて対応。

かなり初歩的なミスをしてしまったが、いい勉強になった。
(tmpフォルダの下にしたのは自分ではないがw)


バージョンアップによるフォーマッティング関数の指定違い

PostgreSQLを8.1→8.4にバージョンアップした際、
エラーが発生するようになった。

エラーの原因を調査すると、
フォーマッティング関数を使用しているところで、
12時間制のフォーマットなのに24時間制の値を渡していたからであった。

時間の指定文字列が"HH"から"HH24"に変わった模様。
"HH"で指定していた部分をすべて修正することによって、
エラー解消。

参考サイト
http://www.postgresql.jp/document/7.3/user/functions-formatting.html

PostgreSQLで外部アクセスを有効にする方法

PostgreSQLで外部アクセスを有効したい場合、
postgresql.confを以下のように修正する必要がある。

修正前

# TYPE  DATABASE    USER        CIDR-ADDRESS          METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all         all                               trust
# IPv4 local connections:
host    all         all         127.0.0.1/32          trust
# IPv6 local connections:
host    all         all         ::1/128               trust

修正後

# TYPE  DATABASE    USER        CIDR-ADDRESS          METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all         all                               trust
# IPv4 local connections:
host all all 0.0.0.0/0 trust
# IPv6 local connections:
host    all         all         ::1/128               trust

上記のように"0.0.0.0/0"と書き換えることによって、
すべてのホストからアクセス可能となる。

例はすべてのホストからアクセスできるようにしたが、
"192.168.1.0/24"のようにIPアドレスの範囲をして許可することも可能。

セキュリティも考えれば、
あまり範囲を広げたくないところ。
1系2系用意する場合、以下のように2つ定義を行えば、
切り替えた後もアクセス可能となる。

# TYPE  DATABASE    USER        CIDR-ADDRESS          METHOD

# "local" is for Unix domain socket connections only
local   all         all                               trust
# IPv4 local connections:
host all all 192.168.1.0/24 trust
host all all 192.168.2.0/24 trust
# IPv6 local connections:
host    all         all         ::1/128               trust


実践PostgreSQL

Google Chromeの印刷でテーブルの枠線が二重に表示される件

こんにちは。

今日はGoogle Chromeの印刷で
テーブルの枠線が二重に表示される件について。

まずは状況。
Google Chromeで印刷プレビューを表示し、印刷を行う。
そのときに1ページに収まらず、複数ページになった場合、
ちょうど行が2ページにまたがると、テーブルの枠線が二重に表示される。
(印刷プレビュー時点で二重に表示され、印刷してもそのまま)

調査したところ、
widthの%指定が良くなかった模様。

解決策としてはwidthをpx指定するように変更。

以降、現象は見られなくなった。

Google Chromeのバグなのかはわからないが、
はまってしまった。

jspで「java.sql.SQLException: クローズされた接続です。」その原因は?

こんばんは。

タイトル通り、こんなエラーが発生。

原因を調べてみると・・・
クラス変数のConnectionが取得してから使用する前に閉じれていた。

サーブレットは同一のインスタンスを使用しており、
複数クライアントからのアクセスを受けたとき、
上書きされてしまうことがあるそう。

参考サイト
http://www.pgmanual.net/cake/basic/details/c_id:2/basic_id:44

そのため、クラス変数をローカル変数にして処理を行うよう、実装。
エラーは起きなくなった。

そもそも、ローカル変数で実装できるものをクラス変数にしてるのは
スコープ的にどうかと思うのだが、とりあえず無事修正できて良かった。

Java Smack APIをインストールする

【自分用にメモ】

実践テスト駆動開発にて使用

Java Smack APIのダウンロード参考サイト
https://sites.google.com/site/chobimemo/xmpp/java-smack-api

zipのダウンロード先、ドキュメント、サンプルコード等あり